自分で車を使って浮気の尾行をするときに、絶対にやってはいけない事

どうもおかしいと思ったら浮気をしている。スマホやクレジットカードのレシートから相手が誰だか?も掴んだ。証拠もある。しかし本人達がちゃんと認めるか?ちゃんと相手から浮気している、不貞関係にあるといった証言を引き出すことが出来るか?相手は不倫を純愛と勘違いしているような、能天気な考えの持ち主達。直接話し合いをする前にどんな点を気をつけるべきか?自白を引き出すノウハウと供に検証してみましょう。

 

「まず何の話題で入るか?」はかなり重要 

浮気をしている証拠を握っているという事は、見たくもない事実を見せられているのと一緒です。感情的には相手を罵倒し、事実を突きつけ相手から不倫、不貞関係の自白を引き出し、謝罪の言葉を聴きたいと思ってしまうのは当たり前です。

しかし直接話し合うと言っても、障害がある恋愛をしている、できれば隠していたい、と思っている配偶者またはパートナーと浮気相手に、こちらに証拠があるといっても、最初からいきなり浮気の事実を問い詰めると、あまりいい結果を期待する事は難しいかも知れません。

最初はどのような話題で入っていくか?が大切です。相手も自分が引きこした問題によって話し合いを行うのはわかっています。つまり相手もこちらがどのような形で出てくるか?を気にしているのです。

 

最初からこちらが有利に立とうと、感情をむき出しに話し合いを進めた場合、その交渉は100%失敗するといっても過言ではありません。こちらが怒りを先に出すと相手は感情もシャットアウトし、何も話さなくなってしまいます。

 

まずはお互いに「そうだよね」と共感できる話題から入る

障害のある恋愛と思っていても、一般常識上ではやってはいけない浮気、不倫、それに不貞。相手も自分たちに責任があるのは解っています。どのような形で問題を解決するのか?こちらが思うような交渉結果にまず相手に共感する事から始めましょう。

最初から相手が浮気した事を責め立ててしまうと、お互いに売り言葉に買い言葉となってしまいます。心に思っていなくても

 

  • 「自分にも相手が浮気する原因があったのではないか?」
  • 「自分の行動の中で嫌だと思った所があったのではないか?」
  • 「相手がしたことを攻めるのではなく、そうなってしまった原因を一緒に探っていこう」

 

お互いが「浮気」「不倫」「不貞」と言う問題を解決する為に話し合う、と言う理解に基づき、共感を感じてから問題を一つ一つ冷静に話すことが可能になります。感情的に相手の浮気が解って辛かったなど自分の事ばかり話さず、必ず相手の話を真面目に聞く事が大切です。

 

目的としては、問題をあぶりだすため

「相手が浮気や不倫に走ってしまった原因を一緒に探っていこう」と相手を責めるのではなく相手と共感できる何かを見つけ、そこから問題をあぶりだしていきます。最初からケンカ越しに話すと相手も感情的になり、話し合いにならなくなります。そうすると交渉することも難しくなってしまいます。

 

  • 話し合いには応じたくなかった
  • 出来れば二人の馴れ初め、関係など言いたくない
  • 配偶者、パートナーが自分がした浮気、不倫などに対して制裁を考えているのか?
  • 浮気相手と別れなければいけないのか?

 

交渉相手の心中はどのように言い逃れようか?こちらがどこまで知っているのか?不安で一杯です。しかしこちらと共感できたと感じたら、またこちらが感情的にならず穏やかに話をしようとするのが解れば、相手も安心して冷静に話が出来る様になります。

あとはこの「浮気した」「不倫した」と言う現実問題をどのように解決するか?相手と別れるのか?どうか?にい焦点を絞って話し合いを続けていきます。

浮気に至るまでの相手の感情の変化、またどのような事実があったのか?すでに証拠を掴んでいたり、証拠を掴む段階でわかっていたとしても、ちゃんと相手の話を聞きましょう。相手は言いたくない事を話しています。こちらがスマホを見たり、上の空でいると話をしなくなってしまいます。

 

浮気の自白交渉で「コレだけは絶対にしてはダメ」なこと 

浮気をしている配偶者やパートナー、そしてその相手と交渉する。自分を裏切った二人を目の前にして、感情的にならずに相手に自白させる為にはどのような事が必要でしょうか?ここでは絶対にやってはいけない事を中心にそのポイントを上げていきます。

浮気の現実を目の前に突きつけられるわけですが、ここで感情的になって切れてしまってはいけません。出来れば言い逃れよう、自分達は悪くない!またどんな話が出るのか?と戦々恐々としている二人に対してどのようにすればいいでしょうか?

 

「キレない・怒らない」だけで相手はこんなに変化する

何時から始まった?どこでいつも会っている?そして二人で自分の事を笑っているんじゃないか?そんな思いで相手から浮気の自白を引き出すことは出来ません。最初はとにかく穏やかに、話を始める事です。相手との話し合いで最初から切れてしまうと、相手は口を閉ざし何も話さなくなってしまいます。

相手の気持ちを考えて見ましょう。浮気した配偶者やパートナー、それにその相手はこちらがどこまで知っているのか?情報を掴んでいるのか?が解らない状態。浮気がばれこちらから責められる、と思いながら交渉に応じている状態です。こちらが怒る、切れていると想像しどのように戦うか?それとも逃げるかと考えています。

 

こちらが穏やかにアプローチすることで、相手は混乱してしまいます。

 

  • ちゃんと説明したら解ってくれるかも知れない
  • もしかしたら二人の関係を認めてくれるかも知れない
  • もしかしたら自分達を受け入れてくれるのでは?

 

もちろん相手を受け入れる必要も認める必要もありません。こちらが穏やかに対応するだけで、相手が勝手に勘違いし自分達の馴れ初めや、自分達の関係をどのように考えているのか?を話し出します。

 

怒りを取っておく理由

しかし配偶者やパートナーがいるの相手と関係を結ぶ浮気相手、こちらが穏やかにアプローチしているのを良い事に、なんだかんだと良い逃れようをする人がいます。戦々恐々と話し合いに臨んだが、案外簡単じゃないか?とこちらを舐めてくることがあります。その場合はちゃんとこちらが怒りを持って、この話し合いに臨んでいる、相手の対応によっては出る所に出ても良い!と言う事を知らしめる必要があります。

 

  • 穏やかに相手の話を聞く。
  • 相手が自分達の事を話し出す。
  • 相手が調子に乗り反省も謝罪もせずに、自分達に都合の良い事ばかり言い出す。

 

ここまできたらそろそろ切れても良い頃です。それまで話を聞いていた相手が、いきなり切れる、怒り出すと相手は何があったのか?何が相手の怒りのスイッチを入れてしまったのか?と混乱してしまいます。

自分のバートナーが浮気をした時点、その証拠を掴んだ時点ですでに怒っているわけですが、その感情を抑え話し合いをしています。こちらが怒っていると言う感情を、相手が一番ひるむタイミングで出す事が大切です。つまり怒りと言う感情を最初から出して、相手の口を閉じてしまうよりも、相手に話をさせ必要であれば、こちらの感情をベストなタイミングで出せる用に取っておく事です。

 

 

自白交渉の練習方法

相手から上手く自白を引き出す目的は色々とあります。

 

  • 浮気調査費用を浮かせる、
  • 身内の恥を他に晒したくない、
  • 出来るだけ穏便に話を付けたい、
  • 慰謝料請求や離婚に備えたい
  • 相手を懲らしめたい

 

しかし浮気、不倫した二人を目の前に感情的にならず話し合いをすることは容易ではありません。自白交渉には練習が必要です。

 

  • 鏡を前に相手がいると仮定し練習する
  • 代役をたてシュミレーション練習をする
  • 自分がどれだけ冷静に話ができるか?をビデオに取ってみる。

 

色々な練習方法があります。しかしシュミレーションを立てて練習するのが一番かも知れません。練習する事で実際に浮気をした二人を目の前にしても、冷静に交渉を進めていく事が出来ます。

 

自白を引き出す「話の聞き方」

問い詰める証拠もある、交渉の練習もした、冷静に感情的にならずに話す自信もある。でも相手が自白するように誘導しても、こちらがちゃんと「話の聞き方」を理解していないと自白を引き出す事は難しいかも知れません。

 

  • 相手の話を聞き相槌をうつ
  • 時々相手を優しく持ち上げる
  • 相手の言い訳に頭にきても誠実に対応す
  • 普段のコミュニケーションで良しとされていることを、そのまま実行する
  • うまくやれば、相手も余計なことまでぽろっと話すことがある

 

浮気している二人の言い訳を聞くといっても過言ではない交渉、交渉を上手く運ぶ、自白を引き出すためには相手の話を聞く事が必要です。

 

仕事をしている人におすすめの練習方法

話の聞き方、冷静に交渉を進める方法、練習したいけど時間がない!という人にお勧めな練習法です。会社では上司やお局様の言う事は、それがどんなにつまらなく、くだらない事でもニコニコ笑って聞いていなければいけません。とても良い練習です。おまけに上司やお局様から気に入られる事もあるかも知れません。(あまり嬉しくないかも)

 

 

最後に大事なのは、「あきらめない心」

自分の配偶者、パートナーが浮気をしているという事実を知るのは辛い事です。また相手から自白を引き出すと言う事も言うのも大変な事です。めげそうになります。諦めてしまいたいと思うことも。しかしどんなに図太い心臓を持った相手でも、こちらのアプローチの仕方によって心が折れる時があります。

 

  • 穏やかに話しかけ、相手が話し出すのを待つ。
  • 何時までも知らないふりをするのであれば、証拠があることをほのめかす。
  • 時と場合によってはこちらの感情を出す事も必要。

 

諦めないで交渉しましょう。自白を取ることが出来れば、あとは正式な手続きを踏み示談書、慰謝料の請求などい進めていきます。「あきらめない心」が大切です。

 

まとめ

配偶者やパートナー、そしてその浮気相手との交渉、自白の引き出し方をまとめてみました。感情に走りがちな話し合いになります。しかし相手が浮気を認めたら、自分、また子供達の将来も含め更なる話し合いが必要になります。最初から敵味方と別れて話し合うのではなく、今後の事を一緒に考えて行こうというスタンスの元、相手から上手く自白を引き出しましょう。頑張ってください。

浮気調査に強い探偵社おすすめランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ケルベロス 初期設定

ケルベロスで最低限しておきたい初期設定リスト

追跡アプリ ケルベロスのすべて|できることと使い方を徹底紹介!

浮気調査 ”する側” がしてしまいがちな違法行為【不退去罪・データ調査】

ケルベロスは無料で使い続けられるのか?料金や課金システムを解説

ケルベロスで位置情報(GPS追跡機能)を利用する方法

Pley Anti Theftを実際に使用してみたので、最低限しておきたい初期設...