Pley Anti Theftを実際に使用してみたので、最低限しておきたい初期設定や料金についてまとめておきます

ネットで話題になっているスマホを無くした時に使う、Prey Anti Theftアプリが浮気しているかどうか?を調べるのに向いていると話題になっています。でも見ていると英語だし、どのように操作するのか?スマホを扱いなれていない私が、苦労してやってみました。

最後に現実的に浮気調査に利用できるか感想(レビュー)も書いてありますので、ぜひ最後までお読みください。

 

Prey Anti Theft(以下Pley)のインストールから初期設定まで

ほかのアプリと同じようにApp StoreやGoogle playからインソール、初期設定をするのですが、チュートリアル(動画で基本的な操作を学ぶことが出来ます。)もあるしなんとかなりそうです。

iphoneはApp Store, AndroidはGoogle playでまずPrey Anti Theftを検索。そして最初は調べたい相手のスマホにこのPrey Anti Theftをインソールすること。

 

まずはチュートリアルを見てみましょう。

映画の動画ですが、残念ながら英語です。しかしコミカルな動画なので何とかわかりそうですね。

 

 

  • シーン1 学生が居眠り、そしてスマホを取られてしまう、でもPreyには行っていると、設定したゾーンから登録したデバイスが離れるとメールで報告される。
  • シーン2 仲良く話しているとパソコンを取られてしまう!Prey に入っていないとそこで終わり!
  • シーン3 でもPeryを使うとアラームやサイレン音でどこにあるか?知らせてくれる。
  • シーン4 どこかに忘れてもこの音、それにデバイスに表示されるメッセージから人が届けてくれる事もあるかも。
  • シーン5 Preyのすごい所は、スマホのカメラ機能を使って写真を撮ることが出来る事。相手がスマホを見ているときに撮影できれば、相手の顔の写真を撮ることが出来ます。

 

こちらの方は、デバイスの場所をセットするとそのゾーン(エリア)から離れた時点で、指定したメールアドレスに報告してくれます。

 

このチュートリアルでこのPrey Anti Theftの本来の目的がわかってきます。浮気調査が目的ではなくあくまでも防犯、でもPrey Anti Theftが持っている機能が、浮気を追跡するのにとても役立つのです。

 

このほかにもPreyには以下の様な機能もあります。

 

  • スマホ、タブレット、ノートパソコンなどにPreyのアイコンが残らないようにする。(アイコンがのこらないので、相手は自分がGPSで見張られている事が解らない)
  • コントロールするデバイス、パソコンから行方不明になったデバイスを遠隔操作でロックする事が出来る。(これは防犯上とてもメリットがある)
  • 盗難アプリとして開発されているので、勝手にアンインストール(削除)する事が出来ない。

 

Prey アイコンからSIGN UP

IphoneまたはAndroidでPreyを検索してでてきたらそのアイコンからSIGN UPの為の情報を入力します。必要な入力情報は次の3つ

 

  • username(ユーザーネーム)
  • Preyから報告を受けるe-mailのアドレス
  • Passwordの設定(相手に分からないようなPasswordを設定しましょう)

 

この3つを入力したら、確認画面でOKをクリック、次はアカウントを作ります。

 

 

アカウントの作成

入力したe-mailアドレスにPreyからメールが届きます。このメールにリンクされているサイトに、自分が作ったe-mailのアドレス、パスワードでアクセスします。

 

アクセスする前に翻訳アイコンで英語から日本語へ表示が変わるようにしておくことがポイント。パソコンで翻訳された日本語は時にはおかしい事もありますが、英語にかなり自信がある人以外は、ここでちゃんと翻訳アイコンをクイックまたはタップすることです。

 

Preyの公式サイトに入り、e-mail addressとPasswordでログインした後、CREATE MY NEW ACCOUNTでだれがスマホのアプリをコントロールするのかを設定します。

 

デバイスの管理者設定をする

スマホにインストールしたアプリで、対象者がどこにいるのかがわかるPrey Anti Theft.このPrey Anti TheftがGPS機能を持ち、スマホが無くなった?と指令を出すと、入力したメールへ報告が来るようになっています。そのためにはACTIVE PROTECTONを有効にする必要があります。これでデバイスをコントロール出来る様になります。

 

アプリにカメラや位置情報取得などの権限を付与する

デバイスの管理者設定をすると、このPrey Anti Theftを浮気調査に使う為に初期設定をする必要があります。この初期設定を誤ると折角インストールしても、GPS機能を使いこなす事が出来ません。

 

インストールしたデバイスへの使用許可を設定します。

 

  • 位置情報の許可 調査対象者が持っているデバイスをGPS機能を使って追いかける事が出来ます。
  • カメラのアクセス許可 スマホが持っているカメラ機能を使って写真撮影が出来ます。
  • 通信の許可 スマホから位置情報(緯度、経度、Wi-fi電波)をメールを使って管理者に報告します。

 

この3つの許可をクリックまたはタッチ、その後DEVICE SET UPで完了です。

 

Prey Anti Theft、どうやって浮気を調べる?

浮気してるのでは?と疑う相手が出かける時に、このPrey Anti Theftを使います。

 

  1. 管理者のパソコン、またはタブレット等のデバイスでPrey Anti Theftにログインします。
  2. 相手が持っているデバイスが紛失したと設定します。
  3. デバイスから送られてくるレポートの時間間隔を設定します。10分おきまたは20分おきから選べます。
  4. Prey Anti TheftがGPS機能を使って、10分または20分おきにデバイスの位置をメールで報告します。
  5. 報告はその時の時間、現在地そしてカメラで取った画像も一緒にレポートされます。

 

このデバイスが紛失したと設定したときに、デバイスのコントロールが出来るが他にもあります。

 

  • Sound alam ここを許可(confirm)すると、相手が持っているデバイスで指定したアラーム音、サイレン音などが30秒響きます。
  • Send message 紛失したと見なしそのデバイスに警告メールが送られます。
  • toggle camouflage 相手のデバイス上でPreyのアイコンが出ないようにします。
  • Lock device 紛失によって悪用されるかもしれないデータなどを防止する為に、遠隔でロックする事が出来ます。

 

無料で使えるPrey Anti Theftでは上の4つの操作をする事が出来ます。相手に気づかれずに浮気の追跡をしたい場合、Sound alam, Send MesssageそしてLock deviceはコントロールすると、相手に気づかれる原因となります。解除の状態にしておくことが大切です。

 

 

Prey Anti Theftの料金体系

Prey Anti Theftが日本でも話題になり、人気が出ているのはこのGPS機能、及びカメラ撮影などが無料で使えるからです。有料の場合、Personal(個人)、Home(仕事で使う)そしてEnterprise Custom(オーダーメイド)の3つのコースが設定されています。

 

無料サービス

  • 3つのデバイスまでコントロール
  • 1つのコントロールゾーン
  • GPSによる追跡、Sound alarm, Message,機能
  • 追跡の報告、写真作成を含む位置確認のレポート

 

Personal(毎月ごとに契約、1ヶ月5ドル)

  • 3つのデバイスまでコントロール
  • 3つのコントロールゾーン
  • GPSによる追跡、Sound alarm, Message,機能
  • 追跡の報告、写真作成を含む位置確認のレポート
  • メールによる追跡レポート
  • そのデバイスに入っているデータの保護

 

Home (毎月ごとに契約、1ヶ月15ドル)

  • 10つのデバイスまでコントロール
  • コントロールゾーンの設定は制限なし
  • GPSによる追跡、Sound alarm, Message,機能
  • 追跡の報告、写真作成を含む位置確認のレポート
  • メールによる追跡レポート
  • そのデバイスに入っているデータの保護

 

Enterprise Custom(料金は契約内容によって変わってきます。)

  • コントロールできるデバイスは制限なし
  • コントロールゾーンの設定は制限なし
  • GPSによる追跡、Sound alarm, Message,機能
  • 追跡の報告、写真作成を含む位置確認のレポート
  • メールによる追跡レポート
  • そのデバイスに入っているデータの保護
  • カスタマーサポートサービス
  • 複数のデバイスマネージメント

 

Prey Anti Theftを有料にするメリットは?

無料でも問題なく調査対象者の追跡は出来ます。しかしお金を払う場合、様々な特典が出てきます。

 

調査対象者が持っているデバイスからの位置情報取得の頻度が高くなり、どこに移動したか?だけでなく、そのルートも知ることが出来ます。

 

無料のアプリ利用は、最短で10分ごとの位置確認の報告、しかし料金が発生すると2分毎に報告を受ける事が出来ます。

 

Prey Anti Theftは盗難防止のためのアプリです。そのためにデバイスが紛失、盗難と言った状況上で、遠隔操作によるそのデバイスが持っているデータの消去する事が出来ます。どこでもインターネットに接続、持ち歩きに便利なスマホやタブレットには、私達の個人情報もたくさん入っています。万が一盗まれたりした場合、悪用される事も出てきます。そのためにこの遠隔からでもデータを消去できる機能が使えるのです。

 

 

Prey Anti Theftアプリの操作方法 まとめ

Prey Anti Theftは、無料で3つのデバイスを追跡調査できる物です。紛失したという設定をすれば、指定した時間間隔でそのデバイスがどこにあるか、位置情報をメールで報告してくれます。おまけにデバイスのカメラ機能を使って写真を撮ることも出来ます。これが無料で出来ると話題になっているのです。

 

Prey Anti Theftは、防犯の為に設定されたGPS機能を利用して、浮気対象者を追跡していきます。しかしこのPrey Anti Theftで得た情報を元に作成した書類では、浮気したかどうかを本人に問い詰める事は出来ますが、法的な不貞行為の証明にはなりません。

 

つまり浮気の証拠として裁判所などに提出しても認められないという事です。浮気しているかどうか?が解り、離婚や慰謝料請求と言う段階に進む場合は、やはり法的にも使える証拠、報告書を得るには探偵事務所に依頼をするのが一番のようです。

 

 

コラム:実際に利用してみた体験談

私はスマホを持っている高校生の息子がいるので、息子のスマホにPley Anti Theftを入れてみて、「本当に実用性のあるアプリなのか?」調べてみました。

 

実際にインストールしたスマホを紛失したと設定、自宅から渋谷まで行かせてみましたが、バックパックに入った状態でWIFIが上手く拾えないのか?20分おきに報告をと設定しても実際に報告が来るのは数時間おきだったり、実際はすでに地下鉄に乗っているのに渋谷のある場所にいると通知がきたりと、(このときは本当にスマホをなくしたのか?と思ってしまいました。)色々です。

 

また報告の中にはしっかりと写真(スマホの表、裏からの写真が取れていました。)されている物や、写真が一切無いもの、またWindows10でコントロールしていたので、位置情報も地図と共に来ましたが、別の場所でWindows7でコントロールすると地図を開く事が出来ませんでした。

 

アプリを常に使い慣れている人だと違うのかも知れませんが…

 

アラーム機能がついていますが、これを間違って許可(Comfirm)してしまうと、スマホなどの音が鳴り始めます(30秒)。スマホを持っている本人はコントロールできないので、たとへば会議中、授業中などだと結構問題になると思いました。

 

写真は撮ってくれますが、相手の顔が必ず移るとは限らず、シャッターを押したときの状況によります。

 

しかし紛失したという設定で、スマホがバックパックやカバンの中で、照明がない状態の時には一切写真は贈られてきていません。スマホ側で勝手に判断するのでしょうか?
紛失と設定した場合、テレビドラマのようにパソコンで動いているのが見えるのか?と期待していましたが、たとへば家から、渋谷まで地図上で直線、地下鉄の路線などをなぞっては出ていませんでした。

 

あくまでも防犯目的なので、アプリに使い慣れている、または自分のスマホでかなり練習するなどと言ったことが必要になると思います

浮気調査に強い探偵社おすすめランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ケルベロスを遠隔操作して写真撮影をする方法

追跡アプリ ケルベロスのすべて|できることと使い方を徹底紹介!

浮気調査中にタクシーがどうしても必要になる場合と上手く使うコツ

ケルベロスは無料で使い続けられるのか?料金や課金システムを解説

浮気調査 自分で

あえて浮気調査を自分でする!アプリから機材の選び方まで解説!

監視アプリ

監視アプリ|仕掛けられてる?見つけ方とチェック方法